複数の借金を抱えていると、それぞれ毎月の返済日に決められた金額を返していかなくてはなりません。そのため返済を忘れていて延滞してしまったなんて経験をされた方もいるでしょう。
そこで、借金の管理をしやすくするために複数の借金を一本化する金融商品が勧められています。それが借り換えカードローンです。

借り換えカードローンとは、複数件の借金を借り換えカードローン1社の借金としてまとめることができるローンです。
例えばA社に30万円、B社に50万円、C社に20万円ある債務をD社の借り換えカードローンでまとめることによって、A社・B社・C社の借金は完済、D社に100万円の借入れが残ることになります。これで各社ごとに異なる返済日にお金を返していく必要はありません。
ただ、借入額が大きくなると審査に影響することになるので、まとめる債権者を分けた方がいいケースもあります。

まとめる債権者を選ぶ基準は金利で判断します。
借り換えカードローンでは各社の債務が合わさるだけなので元金が減るわけではありません。全体の元金は変化していませんが、1社の債務額が大きくなれば返済期間も伸びていくでしょう。すると金利による利息の負担が懸念されます。
もしも高金利の借り換えカードローンを組んでしまうと、返済期間が長く、残債務が大きいという点で利息の負担も増えてしまいます。そうなるとまとめずに返済していった方が返済総額が抑えられることもあるため、必ず金利、返済期間、返済総額のカードローン比較確認をした上でまとめることが大切です。